Flat Track

▼Contents▼    
イントロダクション1 イントロダクション2 店長の気になるお店
>「ドドドッと走るバイクがいいよね」 >CB250RSトラッカー化計画  


「ドドドッと走るバイクがいいよね」 作業内容 その1
戻る

【 エンジン 】 2001.12.28 現在
先ずはキックを付けてエンジンを掛けましょう、
ということでクラッチをバラして
スターターギアを組み込みます.

このままキックレバーがあると
ステップが付かない....
でも馴染めない質感のレバーだなあ....
(後に古めのレバーに交換、新品は売却)

【 作 業 経 過 】 2001.12.28
最初にばらして確認中.
バラバラの部品を組んだ"おNEW"のキックスターター
XR600用クラッチアウター内側のギアとアウターガイド
クラッチアウター内側のギアの対比
左XR600、右RS600D
アウターガイドの対比
左製作品、中央XR、右RS-D
製作したアウターガイド
上記パーツを組む.
RSはディスクが8枚なので
クラッチセンターが余ることが分かる.
高さを削ることに....
1回目2.3mmで足りず
(本当はディスクとプレート分の4.4mm削りたいが
クラッチプレッシャープレートと干渉するので、慎重に...)
次にプラス1.7mm削りでOK.
クラッチセンターの
プレートがあたるへこみも修正する予定

部品 ・XR600のクラッチアウター
    ・製作(クラッチ)アウターガイド
    ・アイドルギア
    ・キックスターターと関連部品
加工 ・クラッチセンターの研摩、修正
    ・プッシュロッドの研摩1.2mm(もう少し削っても良い)

▲Top