HOME   Moto Italia

▼Contents▼    
MV125Sport >MV125S再生計画 MV125Sレストア費用内訳
>MV150CRS新生計画 Magni MV600 Sport イタ車カタログ解読便覧

MV125S再生計画
Last modified;2010.6.06

【イントロダクション】

MV125S(Mod.218)の紹介ページは完結のはずでした.
しかし2000年9月、タクシーとの衝突事故で人馬共々ダメージを被りました.
人間は放っておけば直りますがバイクはそうも行きません
人間のリハビリ活動と並行してこのMV再生計画を立ち上げることにしました.

ただ、バイクは元の状態に戻すのは芸がないので、フロントはドラムブレーキ仕様に変更です.
エッジの効いたデザインのエンジンと車体とのマッチングに留意して
60年代のイメージを引きずった、佳き時代の手作り感を残すカタチにしたい.
とりあえず、急がずにあまりお金を掛けずにパーツ集めから....

パーツの選択に関すること

※2004.2 昨今巷でMV人気が盛り上がっておりまして、それに後押しされるようにゼンマイを巻きなおしています.


【再生に向けてのMV125S用パーツ入手状況】
内容が重複するので最新は次のページで...
*Ceriani Dia.30mm F. Fork Assy..etc./
チェリアーニINNERチューブ径30mmフロントフォークNOS等
GPフォークよりストラーダの方が普通っぽくてよいかもしれないと
入手するもやっぱりちょっと細すぎるので止めた.
32mm径のものを探しても軽いGPはない. Paioliパイオリも造ってくれない....
ドラム用ロアチューブNOSのほかUSEDのレッグ・三つ又は各種入手.
インナーチューブはMVOCで350S用リプロ品を販売しているはず
(125S用で注文しても長いから切らないといけない、1本1万位).
フォーク幅170mmの32パイのNOSも入手、あぁ安易な選択だ!
インストパネルが変形してるから修正もしくは新製.
フェンダーは新製と覚悟していたけど生きてる、ちょっと要修正....
Rショックの件、現車は色合わせの都合でマイナーなSEBACセバックに
しているけど(本来はチェリアーニ、因みに4気筒はセバック)、
フロントがドラムならカバードのGIRLINGガーリングもアリかな.
*Drum Brake Assy. /
ドカ用?Gri.me.caグリメカ
ドラムブレーキNOS
[センスはバランス]を信条とするリアクタンツとしては
FontanaフォンタナあるいはOldaniオルダーニレプリカは
オーバースペックと判断(レプリカでも20万はする).
プレーンなダミーエアスクープ付きBenelliベネリ用(Gri.me.ca製)を見っけ.
正確な対応モデルは不明だけど250用(汎用品でドカ用とは左右が逆、
でもMVには好都合). 必要なのはサポートプレートの新製、でもちょっと
幅が広いから左右幅も詰めないと.... 大胆に穴開けて肉抜き加工しても大丈夫.
エアスクープ部のリブもダミーだからね.
パネルにもエア穴を開けて125SOHCのイメージを持たせよう.
'60年代の市販MV用ドラムブレーキはなかった...
(RUMIルーミとかParillaパリラ用はあるけど...その後モンディアル用も
入手するも人手に渡る...で、
'03年4月MV用を見っけ!).
*Dell'Orto SSI 22B Carburetor/
デロルトキャブレターSSI 22B
せめてキャブレターをピカ一のものにしよう、
ということでSSI 22.5B(これは'50年代末ドカ175 Sportのサイズ).
当時モノは入手不可能なのでスペックを合わせてオーダー予定.
でもね、実はこれは乗り気じゃない. 見た目だけでそれ程の効用はないと思われる... 6.7万も掛けたくないしねぇ. やるならCRSで遊びましょ.
*Tommaselli's
Matador Levers etc./
トマゼリマタドールレバー等
トマゼリのMATADORマタドールは、ボリュームがあり過ぎ、レバーもちょっと遠い... MX用の小ぶりなタイプならいいけど
....造りの良い小排気量車用レバーを捜索中(昔のエンドの尖ったやつは似合わない).
'02.4月グッチ他汎用の黒ボディのレバーを入手.
クランプ幅がないのでスッキリする. これがいいや.
'04.3月、2年経って黒ボディの左右ペアをゲット.
そもそも右(ブレーキ側)が少ないから諦めて↑グッチ用でガマンしたのに
あるところにはあるものだ.
*Sanremo Rims,
Pirelli Tires/
サンレモリムとピレッリタイヤ
フロントリムは変形しているけど修正は可能(修正済).
比較的入手しやすいBorraniボラーニはH型のリブが高いので
125cc以下の小排気量車には似合わない. やはりサンレモがいいんだな.
タイヤに関して、レトロなトレッドパターンとサイズから
選択肢がなくMichelin M38S(スペイン製)を履いていたけど
最近Pirelliピレリのタイヤをドイツで発見.
MANDRAKE MT15 F,R共2.75、3.00はなかった...
(オリジナルは前後共2.75だからCEATの代わりに使えるでしょ).
'03.8月3.00と3.25のタイヤ、2.50サイズ2本USEDを入手.
Michelin PZ2はもうない?...(そんなところに拘ってはいけないけど、
旧車用タイヤは中国で再生産してるっていう話もある).

'02.2月Benelli用(つまりドカ用とはパネルが左右逆)のF.ホイールNOSを入手、
手抜きしてサンレモリム組のやつ(太いスポークが難点だ).
結局ブレーキは後に手に入れたドカのパネルに交換...
ケーブルのアジャスターの付加等ひと手間いらなくなる.
↑これもいつの間にか処分、 MVの ORG.ドラムを発掘.
'04.11月Dunlop KR76 2.50タイヤを入手.
これは厳密にはおむすび型のレーシングだけど、
こうなったらリアはKR83かKR73のタイヤを探しましょ.
*Aprilia Head Lamp Assy.,
Flasher /
アプリリアヘッドランプと
ウインカー

割れたApriliaアプリリアのヘッドライトは
ケースごとのASSY.があったりする.
変形のひどい左クランプも発掘(日本製のアルミ鋳物は割れる).
ウインカーはYDSタイプだったけど
今度は75タイプにしましょう、と思ったらヤマハの当時のORG.を発見!
*Shift Pedal etc./
ペダル類
ペダル類は変形している。特にシフト側は完璧におじぎしてる.
当然穴あきのプロテクターは変形している.
修正、再メッキが本来のレストア、
でもスペアを持っていたりするので潔く交換.

以下は無謀な計画の予兆...的中!...→新たに [MV150CRS新生計画]として新登場!

*'64y 150RS Engine/
1964年式150RSエンジン
ちょっとHOTなバージョン150RS; Rapido SportのエンジンComp.を入手.
マウント位置は'70年代のものと同じ. ただ電装が6Vだし、
丸いシリンダーがイメージの統一感を欠くので載せ換えは未定.
それにしても何故このENG.のガスケットセットを持っているのかなぁ....
04.5月同じエンジンをもう1基入手.

*'54y 175 C.S.T.L.Frame/
1954年式175 フレーム
もう一つ、OHCエンジン/C.S.T.L.用フレームをイタリアで発掘.
上のエンジンを載せて年式不明のスクランブラーを造ろう、なんて考えてる!
(そう、350SCRはエンジン幅があるから
好きになれなかった).
日記に書いているけど、MVのフラットトラッカーってどう?
ORG.のフォークも付いてくるけど、 幅広のチェリアーニもあるし....
このフレーム、スペアパーツであることが判明.
つまりフレームナンバーの刻印がない!で、
任意の番号を打刻してエアで来ることに.... ウチにはそんなのばっかり!!!

↓↓↓いろいろ迷った挙げ句、仕様は決定!↓↓↓

★さっさと元に戻す! パーツをいろいろ集めたけど、何かしっくり来ない.
かつて寝ても醒めても考えて出した結論が元の姿だから、
後からのやっつけ作業は間に合わせにしかならない、と.
150RSのエンジンが来たこともあるけど、様々なハブ/ブレーキ、
エアハートのブレーキ(ローターのマウント位置が同じだった)など
使えそうなパーツはいろいろある.
ただ自分の中ではそれらの選択には必然性がない.
それがこんなに放って置いた原因でもある.
費用や作業内容は大したことがないことも分かっている.
フォークのインナーチューブはORG.を入手. メーターのケースリングはないけど、
インストパネルは作り直し、 タンクは板金に出す
(ついでにタンクキャップを変えようかね).
MVはオリジナルに拘る人が多い. 以前から私の125Sは顰蹙ものだから、
ブレーキをドラムにするならFontanaフォンタナやキワモノCampagnoloカンパの
機械式(600-4C他のもの、今でも手に入る!)位でないと納得してもらえないかもしれない. 途中で止めるのは癪だから、フロントはドラムブレーキで行くけど
細身のカウルも用意する. いずれにしてもさっさと乗れるようにしよう.

で、現況は...

その後/2002.6の時点 はたして目立った進展はしていませんが、タンクの板金とワークス仕様のキャップへの差し替え加工済. フロントは予定通りドラムブレーキにしますが
フォークケースはストックを加工(ストッパー付加、キャリパーサポート切除)の予定.黒コーティングのトマゼリレバー(クランプ幅がなくスッキリ出来るのとHライトボディが黒のORG.と合わせるため)やヤマハのウインカーも手に入れたから
あとは加工と塗装だけ.... ヘッドライトケースにハーネスを入れるのに苦労する.

チマチマ作業を別ページに移行しました.
[MV125GP 工作ノート]へ

▲Top